外壁塗装 見積もり 比較

外壁塗装の見積もりと比較で良い業者をみつける

外壁塗装 価格 探し方

外壁塗装 価格 探し方

外壁塗装 価格 探し方

外壁塗装 価格 探し方

 

家は建てたら終わりではありません。
10〜15年に一度は屋根と外壁塗装をする必要があります。

 

屋根と外壁の塗装は単に家をキレイに見せるために行うものではなく、外壁と外壁との間のコーキングやシーリングなどを交換したり、壁のヒビを修理するのが目的です。
コーキング剤は屋外に10年もさらされると固くなってバリバリになってしまいます。

 

ここから雨が浸み込むと家が歪んだり、カビが生えたり、雨漏りの原因となるのです。
家の内部にまで被害が及ぶと、リフォーム代がかさむため10年に1度は屋根と外壁の塗装をしたほうが良いと言われるのです。

 

外壁塗装価格の見積もり

 

外壁塗装 価格 探し方

 

外壁塗装は家の延べ床面積に比例します。家が大きいほど外壁塗装の価格は高くなり、100万円以上することも珍しくありません。
こんなに高額な費用ですから悪徳な業者もおり、その被害件数も増えています。
屋根や外壁の塗装は家の外や屋根の上などあまり作業を目にしませんし、それなりに仕上げても一見すると綺麗に見えてしまい、被害に遭ったと感じるのは塗装が剥がれはじめる数年後ということも多いからです。

 

つまり被害に遭ったのがわかりにくいのに費用が高額であるため、悪徳業者が狙いやすい業種というわけです。
ではどうすれば悪徳業者にだまされないのでしょうか?

 

それは、第3者の目で審査された業者を選ぶことで解決します。
優良な外壁業者を紹介するサービスがあるのです。

 

こちらで紹介される塗装業者には厳しい基準があるため、悪徳な業者が入り込めないようになっています。しかもあなたの家の近くにある複数の優良塗装業者から見積もりを依頼するため、相場も分かります。外壁塗装後に相場よりもはるかに高い費用で契約してしまったなどという事態は避けたいですね。

 

まずは簡単入力で見積もりを確認してみませんか?
見積もり比較の利用料は無料ですので、安心して何でもご相談ください。

 

 

外壁塗装の工程

 

外壁塗装の工程

 

外壁塗装にはいくつかの工程があります。
工程を把握しておかないと塗装業者に手抜きをされても見つけることができませんので、必ずご確認ください。

 

@足場を組み立てる
A高圧洗浄で壁の汚れを落とす
B下地(ヒビや割れなど)の処理と調整
C養生(色を塗らない部分の保護のこと)をする
D下塗り
E中塗り
F上塗り
G仕上がりの最終確認を行う
H足場の解体と清掃

 

外壁は範囲が広いので1つの作業につき1日と時間がかかるため、大体1〜2週間の期間がかかります。
ちょっと長い気もするかもしれませんがしっかり乾いてから次の作業をしなければなりませんので、仕方がないのです。

 

雨の多い月ですと、予定をオーバーすることも多々あります。
しかし高額な費用をかけて行うので、丁寧な仕事のほうが大事ですね。

 

外壁塗装は一生で何回しか行いませんので、実はごまかされやすいというデメリットがあります。
工程を把握していないと3回塗るはずの塗料が2回で終わりにされてしまうなど、不利なことがあり得ます。
作業の状況はできるだけ自分の目で確認しましょう。

 

 

外壁塗装に使われる塗料とは?

 

外壁塗装 塗料

 

外壁塗装に使われる塗料には種類がいくつかあります。
アクリル系・ウレタン系・シリコン系・ラジカル・フッ素系・光触媒の塗料などの種類がありますが、この中からどうやって塗料を選べばいいのか迷いますね。

 

塗料を選ぶポイントは値段と耐久性です。

 

塗料の値段と耐久性には関係があり、値段が安い塗料は耐久性が低く値段の高い塗料は耐久性が高いのです。

 

費用がないからと耐久性の低い塗料を選んでも数年で剥がれてしまうので、次の外壁塗装までの期間が短くなります。
値段の安さだけで塗料を選ぶのはオススメできません。

 

塗料の中で一番人気なのはシリコン系です。
耐久性に優れ色も豊富、値段も手ごろなので一般家庭の外壁塗装の塗料によく使われています。

 

しかし2015年に発売されたばかりのラジカル塗料の人気が急上昇中です。
ラジカル塗料は家を傷めるラジカルを抑制するため耐久性がアップしたのに、シリコン系塗料と同じくらいの値段なので人気が出ています。

 

他にも自分で汚れを浮かせて雨で洗い流す機能を持つ光触媒塗料などは、とても良いのですがやはり費用が高額になりますから予算と相談ですね。

 

塗料については塗装業者としっかり話し合って決めると良いですね。

 

 

外壁塗装の必要性とは?

 

外壁塗装 必要

 

巷では外壁塗装は10年に一度は行ったほうがいいと言われています。

 

しかし最近の住宅は見た目が綺麗なまま10年経過するものもありますね。
以前のようなモルタル素材ではなく、サイディングボードや高機能タイルだったりするからです。

 

そうなると確かに以前よりも外壁塗装の必要性を感じないかもしれません。
しかし実は外壁塗装の本当の目的は「外壁の汚れを直すこと」ではないのです。

 

日本の気候は高温多湿、梅雨もあれば台風も来ます。とにかく水との戦いです。

 

それなのに日本の住宅は圧倒的に木造です。木で出来ています。
木造住宅と雨水との相性は決していいものではありません。

 

外壁に使われているサイディングボードの隙間には防水効果のあるコーキング剤などで埋められていますが、コーキング剤は経年劣化するとボロボロにひび割れ、剥がれてしまうのです。

 

この隙間からゲリラ豪雨や台風の日に雨が侵入して、家の内部がカビたり、腐食して柱が歪んだり床が傾いたりするのです。

 

家の内部構造を雨から守るためにも、外壁塗装は10年に1回は必要と言われているのです。

 

家の外まわりを歩きながら、外壁の隙間が大きくなっていないか、ひび割れていないか、コーキング剤がボロボロになって剥がれていないかなど、是非確認してみてください。